保護・譲渡

トライアルと幸せ便り

  • LINEで送る

園ちゃん、トライアル中

黒くて分からない(笑)

お届けから数日後、陰部からの出血が分かり

緊急事態?!と焦りましたが

どうやら子宮蓄膿症ではなく

膣炎でとどまっていたようです

トライアル中にも関わらず

里親様は報告書後、病院にすっ飛んで行ってくれ

治療を受けて、様子を見てくださっています

まちに待ったトライアル開始から

イキナリご心労をおかけしてしまい

それでも、早く元気になって欲しいと、言ってくださっています

トラブルはないに越したことはないですが

やはり、この人にお任せして正解だった!と

こんな事になって、更に思いました

うちの多頭飼育では

大部屋に入ると、細かい変化に気が付きにくくなってしまいます

環境の変化によるものなのか、うちにいたときからなのかは分かりませんが

やはり、家族になるって、こういう事

その子が大変な時に

しっかりみてもらえます

うちの譲渡基準は

うちにいるより幸せ、が第一です!

園ちゃん、大事に至らなくて、本当に良かった!

早く、元気になってね

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

幸せ便りが次々と

いわし、とうふ

依頼譲渡のみーちゃん

こより、よりこ

アロハ

インド

しろまちこ

みんな、元気そうでホッとしました

メッセージも頂き、正式譲渡、次々に決まっています

てつや

なんちゃん

里親の皆様、どうぞよろしくお願いいたします!

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

保護猫を家族に迎えるというのは

ショーウィンドウに並ぶ猫を

ブランド品を選ぶような感覚で選ぶのとは、全く違います

「小さい猫がいい」

長い目でみたら、猫にとっては、生後半年以降の譲渡が一番です

理由は、たーくさんあるので、省略

(その子の状況により、小さい仔猫の譲渡になる事もあります)

「この色がいい、この柄を揃えてる」

人間の好みに合わせて猫は生きてる訳ではありません

外見や、好みでなく

その家族に迎えるには

年齢はどのぐらいがいいか

性格はどんな子がいいか

そこを考えるべきです

譲渡も慎重に、ですが

迎える側も、慎重になっていただかねば、困ります

うちの譲渡条件はそこまで厳しくはないですが

お話してみて、感じ受けるものを

一番の譲渡基準としてます

イベント情報 スケジュールのご案内


・2018年05月20日 おにっこまつり に出店致します

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • LINEで送る

コメントを残す

*